http://npo-orn.org
HOME >> ORNレポート >> ラグビースクール編 >>  阿倍野ラグビースクールレポート
 ■ 阿倍野ラグビースクールレポート その1 その2 その3 その4
2008年3月4日(火)
公式HP→ http://abeno-rs.net/
2007年5月11日(金)、阿倍野ラグビースクールから、小寺明男校長、会計担当の加藤さんのお二人にラグビー部マーラーまでお越しいただき、取材させていただきました。

阿倍野ラグビースクールは、2007年4月15日(日)に開校式を行ったばかりという、産声をあげたばかりの新しいラグビースクールです。対象は小学生で、開校式に参加したのは1年生から6年生まで合計35名。指導員は26名(全員ラグビー経験者)、
毎週日曜日朝9時から11時に苗代小学校で練習しています(1か月のうち1回休みあり)。
動き出したばかりのスクールについて、南野部長が色々とお聞きしました。



部長
 「今年4月に設立ということですが、スクール設立
 の構想などはいつぐらいにたてられたんですか?」
小寺校長
 「2006年8月末です。文の里中学ラグビー部OB
 会から、ラグビーを通して地元の子供達の活性化
 を図りたい、ラグビー人口の底辺を拡張するため
 にも、と依頼を受け、それからです」
部長
 「まず何から取り組まれたんですか?」
小寺校長
 「何はなくともホームグランドの確保でした。生徒
 募集への第1歩です」
部長
 「その後は?」
小寺校長
 「体験練習を4回実施しました」
部長
 「その募集告知はどんな方法で?」
小寺校長
 「近隣の4つの小学校で全学年に体験練習の募
 集要領を配布しました。体験練習の模様は地元の
 タウン誌に掲載してもらいました。広告ではなく取
 材記事掲載なので無料でした。
 開校してからは阿倍野区内の小学校10校に2枚
 ずつ、生徒募集ポスターを掲示させてもらっていま
 す」
部長
 「学校への配布依頼時の反応はどうでしたか?」
小寺校長
 「やはり地元ということで、たまたま地域活動の中
 の交流で顔なじみになった先生がいらしたり、比
 較的スムーズに行ったと思います」
部長
 「それは良かったですね。協会所属はどうされてい
 ますか?」
小寺校長
 「大阪府協会に4月21日、登録しました」


Aへつづく
HOME >> ORNレポート >> ラグビースクール編トップ
Copyright (C) NPO Osaka Rugby Network All rights reserved.