http://npo-orn.org
HOME >> ORNレポート >> ラグビースクール編 >>  南京都ラグビースクールレポート
 ■ 南京都ラグビースクールレポート その1 その2 その3 その4 
2007年7月3日(火)
公式HP→ http://skrs-rugby.com/
2007年6月28日(木曜日)、ラグビー部・マーラーに南京都ラグビースクールの方をお招きし、取材させていただきました。お越しくださったのは事務局の長谷川仁さん(今年から京都府スクール選抜チームの監督も務められています)と指導員の永田利久さん(小3担当)、嶺井政弘さん(小5担当)です。



(長谷川さん)

南京都ラグビースクールの創立は1975年10月19日。京都府下では2番目に設立されたラグビースクールで、今年で創立32周年とのことです。ちなみに、京都府内には南京都ラグビースクールを含め14のラグビースクールがあるそうです。創立当初の生徒数は32名で、1981年に中学部が創立されました。スクール創立以来、巣立った生徒は400名を超え、そのOB達は高校や大学、社会人チームで活躍されています。初代校長は岡山一也校長で、現在は第4代として勘田紘一校長が平成10年から校長を務められています。
――年間スケジュールはどのようになっていますか?
長谷川さん
 「1年のうち、3月から6月を春季、9月から12月
 を秋季の2季に分けていて、6月最終日曜で春季
 は終了しました。京都大学ラグビーフェスティバル
 や京都ラグビー祭、ラグビースクールカーニバル、
 ライオンズカップにも参加しています。合宿は毎年
 、7月の最終金曜から3日間、石川県小松市の根
 上で行っています。石川国体にも使用された芝グ
 ランドです。ここ10年ほど、ずっとお世話になって
 ますよ」
――いまの生徒さんの数はどれくらいですか?
長谷川さん
 「幼児・小学生が90名、中学生が24名です」

――指導員の方は?
長谷川さん
 「約20名です。2〜3名で1学年を担当している、
 ということになりますね」

――どの地域から生徒さんが来られますか?
長谷川さん
 「京都市内から久御山町、宇治市、城陽市、枚方
 市からも。うちは範囲広いんとちゃうんかな」

――練習スケジュールは?
長谷川さん
 「1年通して30回、時間は午前9時30分から11
 時30分までの2時間です」

――練習場所はどちらを使用されていますか?
長谷川さん
 「京都大学の宇治黄檗グランド(ラグビー部専用)
 をメインに、あとはユニチカ宇治グランドをサブで
 使用させていただいてます」
永田さん
 「宇治黄檗グランドはもともと、芝グランドだったら
 しいんですが今は見る影もなくなってしまっていて
 。で、このグランドを芝生化しようと、6月24日にこ
 のグランドの芝張り作業が行われました。当日は
 大雨で大変だったんですが、大学ラグビー関係者
 をはじめスクールの生徒、父兄も参加しました。8
 月末までは芝の養生を行って、今秋には芝が根
 付いた新しいグランドになる予定です。みんな楽し
 みにしてるんですよ」


(永田さん)

そのAにつづく
HOME >> ORNレポート >> ラグビースクール編トップ
Copyright (C) NPO Osaka Rugby Network All rights reserved.